朝鮮中高級学校

  • 2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 新着情報

    ハーバード大学生 学校訪問

    サマー研修で日本、京都を訪問中のアメリカ、ハーバード大学の学生12名、付き添いの同志社大学生4名、ハーバード大と同志社大の教職員2名が本校を訪問しました。

    在日朝鮮人、民族教育、本校の歴史と現況、展望などを学習するとの事、本校で授業参観、本校教師とのミーティング、クラブ活動の見学(声楽、民族器楽、舞踊、吹奏楽)等を行いました。生徒たちの心温かいホスピタリティ溢れる歓迎や真面目で、懸命な姿に、とても感動した様子でした。、来年以後も必ず訪問したいとの事です。彼らにとっても素晴らしい学習で、本校生徒にとっても非常に意義深く刺激的な経験になりました。以外にも?本校の生徒はシャイでなく、とっても積極的。普段から培っている英語力を存分に発揮して、素晴らしいホストぶりでした。(朴)

     

    高級部1学年 エルファ実習

    6/16(土) 高校1年生対象 NPO法人京都コリアン生活センター エルファ研修

    エルファ職員の先生方をお招きして、介護・福祉についての勉強会を行いました。

    7月に予定されている現場実習に向けた事前学習です。内容は3部構成でした。

    1.認知症サポーター養成講座

    2.高齢者支援・障害者支援についての講演

    3.介護体験実習

     

    グループワークや車椅子体験など、真剣に取り組んでいました。

     

    高級部3年生 祖国訪問

    高級部3年生が、6月7日から21日にかけて、修学旅行として祖国を訪問してきました。

    ほとんどの学生にとって初めて訪れる祖国の地で、様々な参観や学習、そして祖国の人々との出会いを通し、学生たちが自らのルーツについて考え感じる機会になりました。

     

    以下は、学生たちの感想文からの抜粋です。

    「自分が朝鮮人だと再認識したきっかけ」

    「조선사람(チョソンサラム/朝鮮人)であることを深く感じることができる」

    「卒業まで、また、卒業後、自分がどのように生きるべきかを教えてくれる場であると思います」

    「民族教育のルーツ、自分のルーツを見つけて、これからの人生の軸を見つける」

     

    祖国で私たち訪問団を案内して下さった指導員の先生方からも、たくさんの愛情をもらい、最後に別れるときは、涙の海となりました。

    自らが朝鮮人であることに対して何の後ろめたさも感じる必要がなく、“朝鮮人が当たり前に朝鮮人としていられる”場で、唯一無二の経験をさせてもらった高3学生たちでした。

    卒業までの残り期間、京都朝高の最高学年生として、大いに活躍してくれるであろうことが期待されます。